FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
2019.02.17(Sun)

京都・大阪・神戸名建築さんぽマップで近代建築を巡る@その3 壬生・烏丸御池ルート

京阪神の近代建築を効率的に巡れるさんぽ本、「京都・大阪・神戸名建築さんぽマップ」を片手に近代建築を巡る新企画!

企画説明はこちらをご覧ください。

第3回目の今回は「壬生・烏丸御池ルート」をご紹介します。

下記で狭井浅男が歩いた地図ルートが見られます。参考にしてください。
今回のルートはこちらです。

この本の特徴は駅からスタートして、10件程度の近代建築を1・2時間掛けて巡って駅へと帰るルート設定がされています。

今回のルートのスタートは「二条駅」でゴールは「烏丸御池」となっています。
20181117 (143)


最初の近代建築は「芋松温泉(築不詳)」から

立派な唐破風が印象的な銭湯です。
20181117 (148)


右から読む看板という事は戦前からの建物であると思われます。
20181117 (150)


日本写真印刷にある工場群

築不詳ですが、明治~大正の赤レンガ工場だと思います。
20181117 (153)


赤レンガ工場は敷地内に何棟も建っておりますが敷地に入る事が出来ないのでイイ感じの写真が撮れないのが残念です。
20181117 (156)


同じく日本写真印刷の敷地に建っています「日本写真印刷旧本館(1906年(明治39年))」

白壁がカッコいいですね。
20181117 (158)


赤レンガ工場も旧本館も敷地の中に入る事ができないので門の外からズームして撮影しました。

カッコいい建物なので正面から写したかったなぁ・・。
20181117 (159)


「旧京都市立教業小学校(1932年(昭和7年))」
20181117 (167)


三角の出窓がカッコいいっすね。

丸窓やアーチが好きな私ですが、これだけ主張が強くてエッジが効いているデザインであれば三角もカッコいい。
20181117 (165)


「旧川崎家住宅(1926年(昭和元年))」
20181117 (172)


和と洋か折り重なった建物となっています。

上手く調和がとれているというか、馴染んでして違和感がないのが素晴らしいです。
20181117 (170)


「旧京都市立明倫小学校(1930年(昭和5年))」

現在は京都芸術センターとして再利用されています。
20181117 (174)


建物中には自由に入る事ができるので失礼します。
20181117 (176)


玄関ポーチにはセンスのいいステンドグラスが設置されています。
20181117 (177)


玄関ホール

小ぶりながらも綺麗な白壁と上品な壁のアーチが高級感を醸し出していますね。
20181117 (179)


私の大好きな丸窓ちゃんもちゃんとありますね♪
20181117 (180)


板張りの床と腰板のシックな仕上がりがホントにカッコいい。

建物内は油引きの良い匂いがしました。
20181117 (181)


講堂の舞台上には校章が残っていました。

校章もカッコいいっすね。
20181117 (188)


講堂は芸術家の作品の発表の場となっていました。
20181117 (190)


実は私、青銅色も大好きなんです。

なので、窓越しに見えたこちらの青銅色の雨どいを見た瞬間、、、、萌え~ってなっちゃいました。
20181117 (192)


アーチ窓に・・・
20181117 (193)


丸窓♪

良いですね~。
20181117 (194)


スロープになっているところを発見しました。

緩やかな傾斜のスロープなので階段だったのをスロープにしたとは考えにくい造りとなっているので、建築当初からスロープだったんでしょうか?

だとしたら最先端のバリアフリー思想ですよね。
20181117 (195)


今回一番気に入ったのがこの一枚。

アーチ窓と丸窓が絶妙な配置で収めた超カッコいい写真だと思いませんか?
20181117 (198)


「旧北國銀行京都支店(1916年(大正5年))」
20181117 (207)


青銅色の塔屋

信号を渡った対岸から見ると全体が見えました。
20181117 (208)


今度は近づいてみます。

レンガがとても細かいですねぇ。

レンガが小さいと、格子模様も細かくなるので女性的な美しい印象を受けますね。
20181117 (210)


女性的な印象だからかそうなのかは分かりませんが、現在入店しているお店は女性に大人気のディーンアンドデルーカです。
20181117 (212)


中はベーカリーカフェとなっていて銀行時代の面影は無いと思いきや、奥に金庫がそのまま残っていました。
20181117 (213)


「旧笹屋倉庫(築不詳)」
20181117 (215)


元は運送会社の馬小屋だったそうです。

アーチ部分に「さ」と書いてあるのは笹屋のさなんでしょうね。
20181117 (217)


「旧京都商工銀行(1908年(明治41年))」

現在はウィングス京都という男女共同参画センターになっています。

この写真を見たらどこが近代建築やねんとツッコミたくなりますが、、、
20181117 (218)


少し目線を移すと、外壁が保存されています。

保存してくれるのはとてもありがたいのですが、折角の近代建築が植木で見え辛いですよぅ。
20181117 (220)


「旧第一銀行京都支店」現在はみずほ銀行京都中央支店として営業されている建物です。

「京都・大阪・神戸名建築さんぽマップ」には載っていないけど、歩いていると、これは歴史ある建物じゃないですか?と思ってパチリ。

赤レンガに白い石を散りばめる手法は辰野建築を思わせるので帰ってから調べてみたら、、、
20181117 (221)


建物は確かに(1906年(明治39年))に竣工された辰野金吾設計の建物でした。

ではなぜ「京都・大阪・神戸名建築さんぽマップ」に載っていないかというと、平成11年に、耐震性の問題から取り壊されたとのことです。

その際、耐震補強も外観の保存や再利用されることは一切なく、同じ場所に同じデザインの建物を作っただけとの事です。

なんと中途半端な再建・・・。

せめて外観の保存くらいはしてほしかったな・・・。
20181117 (223)


「旧西村貿易会社(1920年(大正9年))」
20181117 (224)


現在はテナントビルとして活用されています。
20181117 (228)


「旧京都中央電話局(1926年(昭和元年))」

近代建築巡りをすると必ず出てくると思っていましたが、3回目にして出てきてしまいました・・・。
20181117 (229)


旧京都中央電話局の後、新風館として商業利用されていましたが、2016年に新風館が閉館してしまいました。

今後は保存しながらホテルに再開発されるという事なのでホッとしましたが、現役時代の姿を収める事が出来なかったのは残念でした。
20181117 (230)


最後は烏丸御池駅でゴール!
20181117 (232)
今回も楽しい近代建築巡りでした。
スポンサーサイト



テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

タグ : 京都・大阪・神戸名建築さんぽマップで近代建築を巡る

00:00  |  京都洛中エリア  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP |